--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-02-13

【Unity】にわとりを集めるゲームを開発してみる4

nUnity[http://unity3d.com/japan]
QuadUI[http://blog.equals-equals.com/quadui]
SpriteManager[http://www.unifycommunity.com/wiki/index.php?title=SpriteManager]
作成中のゲーム(最新版)[にわとりゲーム」 ルールはそろそろできそう!マウス操作でトラップをよけつつ仲間をあつめる?


今回の更新で画面スクロールを実装しました。
あと仲間の動作処理に手を加えています。

画面スクロールの手法としては、新規にオブジェクトを作って
スクロールの影響を受けるオブジェクト達をそいつの子になるようにしています。

20120213_00.png

↑の画像のTransitionがスクロール用のオブジェクトです。
スクロールの影響を受けるオブジェクトをTransitionの子にすることでTransitionのPositionを変更すれば
画面がスクロールするようにしています。

プレイヤーが画面の上端、下端に達した際にスクロール値変えることでいい感じにスクロールするようになりました。
スクロールは背景画像の範囲外までいかないようにクリッピングしています。
このような範囲を超えないような処理はMathf.Clampを使用すると便利です。
例えばスクロール値(Scroll)を0~1000の範囲にしたい場合で今回加算する値がaの場合は
Scroll = Mathf.Clamp( Scroll + a, 0, 1000 );
って式で対応できます。

Mathfには他にもMathf.Repeatという範囲を超えた分は0からの値として処理する関数が用意されています。
うまく使えばシンプルな処理にすることができるので調べておいて損はないかと思います。
http://unity3d.com/support/documentation/ScriptReference/Mathf.html
スポンサーサイト

theme : ソフトウェア
genre : コンピュータ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。