--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-23

【Unity】ぴーちゃんゲームを開発してみる3

Unity[http://unity3d.com/japan]
QuadUI[http://blog.equals-equals.com/quadui]
SpriteManager[http://www.unifycommunity.com/wiki/index.php?title=SpriteManager]
作成中のゲーム(最新版)[ぴーちゃんのゲーム」 ルールはクリックすれば火が飛んでくのでそれを鶏にあてるだけ!

QuadUIのQuadUIEditerから作成したオブジェクトの場合、Quad2Dってクラスでスプライトの制御をしていますが
どうやらQuad2Dではピクセルサイズの設定ができないようで、どうにかしようにもクラスがSealedになっていて拡張できないのでSpriteManagerも試して見ることにしました。

導入方法はこんな感じらしい。
1.新しくEmptyなGameObjectを作って、それにSpriteManagerかLinkedSpriteManagerを設定
2.スプライトに使用するpng形式のテクスチャーをインポート
3 Materialを追加して2のテクスチャーを設定、シェーダーをParticles->Alpha Blendedに設定。
4 1で作成したオプジェクトのSpriteManagerに3のMaterialを設定
5 AllocBlockSize(最大表示数)を設定

 1のGameObjectに当たるのが[SPM_Number]
20120123_00.png
 2、3の設定がこんな感じ
20120123_03.png
 4,5がこんな感じ、AllockBlockSizeの数だけメモリを食います。
20120123_01.png


実際にスプライトを使用する場合は
1.実際にスプライトを制御ためのGameObjectを作成
2.1で作ったGameObjectにスプライト処理用のスクリプトを追加
3.2で作ったスクリプトに先程作ったSpriteManagerを取得する処理を作成
4.2で作ったスクリプトのStart()に3で取得しておいたSpriteManagerのAddSprite関数でスプライトを追加
5.4で作成した際に、Spriteの実体が返ってくるのでそれを受け取ってスプライト制御処理を作成

 こんな感じでうまくいきました。 managerは最初に作ったSpriteManagerをインスペクタ上で設定しています。
20120123_02.png

あとは、Updateでスプライトの処理を書けばうまくいくっぽいです。
少し使って見て、SpriteManagerのほうがQuad2Dよりリッチな機能を持っていて
複数のスプライトをひとつのオブジェクトで制御できるので処理も軽いってことが分かりました。
ただ、QuadUIEditerが結構便利なので、簡単なものはこっちで複雑な処理はSpriteManagerって形で
どうにかハイブリットでやっていきたいと思いました。
スポンサーサイト

theme : ソフトウェア
genre : コンピュータ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。