--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-15

【Unity】Unityで試しにゲームを作ってみるその1

Unity:[http://unity3d.com/japan/]
QuadUI:[http://blog.equals-equals.com/quadui/]
作成中のゲーム(最新版)[http://asaichi256.web.fc2.com/javascript/unity/WebPlayer.html]

ここ最近はUnityを使用してゲームを作ってみようかと思い、早速落としていろいろ試していました。

触っていくうちに予想外に効率よくゲームが作れそうだったので、しばらくはこれを使って開発していくことに決め
そこでまず、チュートリアルも兼ねて過去に友人が作成した2DのゲームをUnityに移植してみることにしました。

2Dのゲームなのでスプライト機能があれば事足りるかと思い
いろいろ調べていましたが、なんかUnityの標準機能ではスプライト機能はおろか
Unity上でテクスチャのUVの指定や、それを板ポリに貼り付ける機能がないみたいで
まずこの問題を解決することにしました。

Unity上でAssetStoreっていう素材ショップのブラウザを開く機能があるので
そこで2D関係のツールを探していると、いくつか見つけたのですが
ほぼ有料のものしかありませんでした。
大体100ドル以下なので円換算ではそれほどでもないのですが、
体験版的なものがなく、購入するまで使い勝手がわからないのが非常に悩みどころで
そもそもチュートリアルとして開発しているので、お金をかけずに適当にfreeなものを探していました。

結果、QuadUIがfreeでほしい機能が備わっていたのでそれにすることにしました。
結局のところAssetStoreにはよさげなものがなかったので、google先生にお願いして見つけてもらいました。

このQuadUIは、主にメニューなどのUI向けのプラグインとツールがあり
スプライト機能をサポートしているのでこれで何とかなりそうです。
早速開発を進めていきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。